HOME

  >  

製品情報

  >  

ボイラ製品

  >  

NX-E型

NX-M型蒸気ボイラ

製品画像 フローシート

燃料

LNG

LPG

換算蒸発量(kg/h)

60

120

160

200

250

特徴

  • コンパクト設計

    給水タンクを内蔵しコンパクトにまとめましたので設置場所を選びません。
    さらに配管の取り出しを前方に配置し、実際の取付け面積も少なくスペースを有効利用できます。

  • 取扱簡単

    スイッチを入れるだけで給水とバーナーの運転が始まり、あとは設定蒸気圧力で自動運転を行います。

  • 環境にクリーン

    環境に配慮した低NOxボイラで、東京都NOx燃料機器の認定を得ています。
    また缶体はパンチングフィンを採用し、その高い効率はコストダウンに貢献します。

法規区分

簡易ボイラ

取り扱い資格

なし

仕様表


要目 単位/型式 NX-60M NX-120M NX-160M NX-200M NX-250M
法規区分   簡易ボイラ
取扱区分   資格不要
適用規格   簡易ボイラ等構造規格
最高圧力

MPa

(kgf/㎠)

0.98

(10)

使用圧力

MPa

(kgf/㎠)

0.69

(7)

0.98(10)
換算蒸発量 kg/h 60 120 160 200 250
発生熱量

kW

(kcal/h)

38

(32,340)

75

(64,680)

100

(86,240)

125

(107,800)

157

(134,750)

伝熱面積 1.7 2.8 3.6 4.0 4.9
保有水量 17 26 31 39 49
ボイラ効率 88
燃料消費量

13A

㎥(N)/h 3.8 7.6 10.1 12.6 15.8
LPG 1.6 3.3 4.4 5.5 6.8
安全装置   電極式水位監視・フレームロッド・空焚き防止サーモ燃料監視
圧力スイッチ・安全弁圧力監視
バーナーモーター
出力
kW 0.035 0.125 0.25 0.4
給水ポンプモーター出力 kW 0.2 0.4
消費電力 kW 0.4 0.5 0.6 0.8 1.0
電源   単相AC100V 50/60Hz 単相AC100V/三相AC200V 50/60Hz 三相AC200V 50/60Hz
燃料入口
管径
LNG A 20 25 32
LPG A 20 25 32
給水入口管径 A 15
蒸気取出管径 A 15 20 25
缶水ブロー管径 A 25 32
安全弁吹出し管径 A 20 25
引込電線太さ 2.0以上
アース線(第3種接地)太さ 2.0以上
燃焼方式   電動機直結ファンによる強制押込通風
点火方式   高圧電気スパーク
給水方式   電動機直結給水ポンプによる給水
製品重量 kg 200 290 330 400 540

(1) 性能は、(財)日本小型貫流ボイラー協会の「ボイラー性能表示基準」によります。
(2) (  ) 内の単位及び数値は、従来単位によるものです。
(3) 燃料消費量は、燃料の低位発熱量を下記の数値で算出してあります。
  LPG :低位発熱量93.7MJ/㎥(N)(223,380kcal/N㎥)
  13A:低位発熱量40.6MJ/㎥(N)(9,700kcal/N㎥)
(4) 実際発熱量及び効率は、給水温度15℃、圧力0.49MPa(5kg/㎠)の飽和蒸気の値です。
(6) 誤差として、右記の許容値を持つものと致します。・ボイラ効率の誤差 ±1% ・燃焼量(入力)の誤差 ±3.5%

寸法表




要目 単位/型式 NX-60M NX-120M NX-160M NX-200M NX-250M
全幅 Amm 370 430 510 545 650
全奥行 Bmm 835 960 970 1,060 1,130
全高 Cmm 1,595 1,790 1,970 2,040 2,040
最小奥行 Dmm 740 815 885 960 1,035
最小高さ Emm 1,400 1,575 1,685 1,770 1,770
煙道外径(接続煙突径) φFmm φ88(φ90) φ118(φ120) φ118(φ120) φ128(φ130) φ168(φ170)

(1) ご用命の際は、燃料の種類、使用電源をお知らせ下さい。
(2) スケール付着、腐食防止のため、自動軟水器、缶内処理薬品、薬注ポンプをご採用下さい。
(3) 燃料消費量は、LNG(13A)46,047kJ/N㎥(11,000kcal/N㎥)、LPG(プロパン)100,465kJ/N㎥(24,000kcal/N㎥)の場合です。
(4) 消防本部(消防署)への届出は原則として全機種必要です。(個人の住居に設ける物は除く)
(5) 改良のため、仕様・寸法を変更することがあります。予めご了承願います。

  ページの先頭へ戻る